MENU

  1. ホーム
  2. 熊本地域の地下水
  3. くまもと地下水財団とは
  4. 事業内容
  5. 地下水保全参画メニュー
  6. くまもと育水会会員について
  7. 各種補助金
  8. お知らせ
  9. お問い合わせ
  10. サイトマップ
  11. English
閉じる

報告事項

INFORMATION

令和元年度『地下水を育むバスツアー』を開催しました

2019/11-26

 令和元年11月15日(金)好天に恵まれた中、26名の方にご参加いただき、「地下水保全施設と湧水地見学!」をテーマにしたバスツアーを開催しました。

 地下水保全活動に取り組まれているハイコムウォーター株式会社様の南阿蘇工場や塩井社水源(南阿蘇村)、そして当財団が実施している西原村の水源かん養林や水田湛水事業を見学していただきました。

 

 先ず、ハイコムウォーター南阿蘇工場に到着後、地下水を守る取組みの一つである工場前の「地下水を守るん田゛」を見学しました。この「地下水を守るん田゛」は、お米の栽培期間に加え、稲刈り後の冬場も田んぼに水を張ることで、年間10ヵ月以上田んぼから水を浸透させて地下水を育むプロジェクトです。

 

 工場見学では、徹底した品質管理や地下水保全の取組みのご紹介、そして「利き水大会」で、軟水か硬水かのクイズにチャレンジしました。

 

 「塩井社水源」では熊本地震後に一時湧水が枯渇し、現在は元に戻ったことなどをガイドの方にご説明いただき、青くきれいな湧水を見学し地下水の恵みを再認識しました。

 

 当財団の「育水の森」では、地下水をかん養するための森の管理や、森からの渓流水を用いた湛水事業を実際に見て頂きました。参加者の方からは「水のありがたさがよく分かり、自分たちも個人個人で出来る節水に取り組みたい。」とのお声をいただきました。

 

 

 

 最新の記事